ジムニーのリアゲート(バックドア)ダンパー補足

ジムニー

先日、ジムニーのリアゲート(バックドア)が勝手に空いてしまうので、
2段階で止まるリアゲート用のダンパーを紹介しました。

2段階で止まり、純正のように壁にぶつけてしまうことはなくなりますが、困る方も出そうなので、その点を補足いたします。

慣れが必要

2段階のバックドアダンパーをつけたあと、バックドアを開けるときにコツが必要です。

じわっと押し広げるときの力の入れ具合にコツが必要です。
力を入れすぎると、反発して閉まろうとします。
急激に開けようとせずに、ゆっくり押し広げることが大切です。
これは、すぐにコツが掴めると思います。

下り道

ジムニーを下りに停めたときに、バックドアが閉まってしまいます。

純正のダンパーは、目一杯開くようになっていますから、下りに停めてもバックドアが途中でしまうことはありません。

でも、こちらの2段階ダンパーは、下りだとバックドアが閉まることがあります。
これは、気をつけないと体にあたってしまう恐れがあります。
下りに停めることはめったにありませんが、注意が必要ですね。

以上2点、
開けるときの力の入れ具合と、
下りに停めたときに閉まることがあること
これらに注意が必要です。

これらがわかった上で使うと、とても便利になりますね。


タイトルとURLをコピーしました