ジムニーの車中泊にガスランタン

アウトドア

寒い時期に車中泊をなさる方は少ないかもしれませんが、真夏の暑い時期よりは過ごしやすいでしょう。厚着をして、冬用の寝袋があれば、日本国内なら大丈夫です。

ジムニーで車中泊するなら、用意したいのがガスランタンです。

焚き火の炎は、見ているだけで癒やされますが、場所によっては焚き火が難しい場合があります。
ガスランタンなら、場所を気にせずに、ジムニーで炎のゆらぎを楽しめます。

ジムニーの車内で利用するときは、換気にじゅうぶん気をつける必要がありますが、短い時間なら、楽しめます。

これは、スノーピークの「リトルランプノクターン」です。
下部についているのは、OD缶というアウトドアでよく使われるガス缶です。

コンパクトなガスランタンですが、作りはしっかりしていて、ガラスと金属のずっしりとした重みと高級感が楽しめます。

プラスチックのケースが付属していて、アウトドアのタフな利用でも、持ち運びでも、壊れにくくなっています。

車中泊での利用や家庭のベランダでの利用でも、ガスランタンの小さな炎のゆらぎで癒やしの時間が楽しめます。

タイトルとURLをコピーしました