アイスバッテリー 手のひら

アウトドア

アイスバッテリーは、手のひらを冷やすために開発された保冷剤です。
一般的な保冷剤は、急激に冷やして、冷たさは長続きしません。

でも、アイスバッテリーは、約15℃の低温を2時間以上保ちます。

なぜ手のひらを冷やすのか。
それは、手のひらには体温調整の血管があり、手のひらを冷やすと体温を下げる効果が期待できるからです。

しかも、最も効果が期待できる温度が、約15℃なんです。

つまり、アイスバッテリーを手のひらでにぎると、効率よく体温を下げる事ができます。

アイスバッテリーで体温を下げるとこんな効果があります。
1)子供からお年寄りまでの熱中症対策になる
2)深部体温が下がるので、寝付きが良くなる

キャンプを考えてみてください。
テントで眠るとき、興奮してなかなか寝付けないことがあります。
また、暑さで寝付きが悪いこともあります。
子供さんの寝付きが悪いことは、よくあることですね。

そんなときに、アイスバッテリーで深部体温を下げると、テントでの寝付きが良くなり、質の良い睡眠が期待できます。

アウトドアのお供に、ぜひ持っておきたいのが、「アイスバッテリー」です。


タイトルとURLをコピーしました